2006年02月06日

生徒になったお客様

先日サロンに来られたお客様、アロマに興味をもっておられた。
トリートメントの後、アロマについて少しの談話。
アロマに興味があり、いくつか精油を持っているということだったので、
スクールのご案内もしてさしあげた。

とても穏やかで、優しくてかわいらしい主婦の方。
程なくして、電話があり、レッスンを受けたいとのこと。

2、3日前の急な話だったが、
今日はレッスン開始日になった。
2時間半に及んだレッスンだったが、熱心に耳を傾け
自宅用教材の精油セット12本をとても嬉しそうに持って行かれた。

アロマはたった1回お勉強しただけでもハマる。
もともと関心があれば尚のこと、
もっと知りたいという意欲が沸いてくる。
体験は未知の扉を開く。

去年の夏に初めてトリートメントを受けたお客様も
2度3度とトリートメントを受けるうち、
アロマを仕事にしたいという願いを強め、レッスンを希望された。
10月のことだ。
今年の2月12日、彼女はアロマコーディネーターの試験を受ける。
すばらしい意気込みだ。
あんな人は今までお会いしたことがなかった。
そんな短期間のレッスンでは無理と
いつもならお断りするところだったが
時間があるので毎日でもお勉強ができるという。
その熱心さにほだされ2月の試験を目指してレッスンを開始した。
11月の終わりには願書の提出をしている。

アロマが人を突き動かす。
頑張れる何かを与えてくれる。
人生が変わる。
そう、
そういえば、この私もアロマに突き動かされ
アロマ尽くしの日々を送り続けている。
アロマが教えてくれた自然の知恵、尊さ、優しさ。
アロマがなければ得られなかった健康と安らぎ。

世の中に、
これほどまでに人を包み込み、大切にし、
尊厳を認めてくれる温かいものは、かつてなかった。
アロマが私に教えてくれた真実。
人でもなく、社会でもなく
美しい地球の、この大地に根ざした命の中にこそ
人に生を与えるエネルギーがあるということ。

大地がこれ以上、損なわれず、
自然を求める人の心が消されず
癒しを求めてさ迷う命がある限り
自然は永遠にわたって人を温め続けてくれると
私は確信している。
posted by ネロリ at 01:24| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。