2010年04月24日

最愛の母へ

母よ

あなたが美空に向かう時には
どうか私のあなたへの心を
一緒に持っていってください

あなたへの想いが
取り残されないためです
叶えられずに
伝えきれずに
突然断ち切られた心が
日々
悲しみに暮れて
身悶えしています

どうか
あなたの心に届き
あなたに伴って
天国に召されますように

母よ
あなたは常に美しく
純粋な心を抱いていました
少女のような優しさに
どれほどの人が
慰められたことでしょう

清い瞳の眼差しに
どれほどの人が
救われたことでしょう

今わたしにできる
たった一つのことは
私にしかわからない
あなたを思い出すこと

だけど
どうしても
浮かんでくる面影

動かなくなったあなたの瞳の奥に
最後に焼き付いたものは
なんだったのですか

愛する人の手は
優しかったですか
あなたは幸せだったのですか

今あなたは
わたしが見たいと思ってた
大きな愛に包まれて
人生の全ての謎の答えを
見つけたところなのでしょう

ならばせめて教えてください

わたしはこれでいいのですか
わたしの生き方は
間違ってはいないのですか
posted by ネロリ at 21:12| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。