2010年05月26日

この道を行けば

この道は未来に進む道
一歩踏みしめる度に
生きてることの証しが
足音になって聞こえてくる

軽やかな足音や忙しい足音
重く引きずる足音のあとには
立ち止まる足音もあった

走り出してはまたゆっくり
何度も何度も振り返っては戻りながら
やっと確信して進んだ時も

でも諦めることはしたくない
どんなに歩きにくい道でも
たとえ前が見えなくなっても
私が進む道は私が決めた道

この道を行けば
きっと明日が見えてくる
私が私である理由も
私の生きる目的も
人生の全ての確かさも

過去がどうであっても
明日がどうであっても
今という大切な時が
私であることを証明してくれる

だから私はこの道を
ただまっすぐに歩いて行く
やがてたどり着く旅の終わりに
わたしの辿った足音は
私を祝福するメロディになるだろう

私の心の声が私を誘う
この道をいけば
今は未だ見えない遠いかなたに
夢にまで見た私の楽園があると





posted by ネロリ at 21:07| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネロリの Cafe Poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。