2011年03月16日

大自然の脅威を目の当たりにして

人生で初めて、
この大自然の脅威を目の当たりにして、
この出来事はいったい何を意味しているのかと考えています。


人は往々にして、この地球を管理していると勘違いしているコトが多いのでは⁈

本当は地球に生かされているに過ぎないことを、もっと肝に命じるべきなのでは?

私たちの身体が、痛みや痒みに反応するのと同じように、
きっと地球も、
自己調整してバランスを整えるのでしょう。


今回の出来事は、いろいろ学んだ気がします。

先日、13日、我が家の近所で行われた
ガイアシンフォニー(地球交響曲)第7番の上映会を観ました。

地震の直後なのに、350人以上の満室でした。


“人は、地球の一部で、全ては繋がっている。”

その言葉と意味が、これに先立つ地震の被害で浮き彫りになりました。


美しい地球が少しずつ壊れていく中で、
地球が悲鳴をあげる時に人間は耐えられるのか?

そんな思いがよぎります。


今だからこそ起きているこの出来事の意味を、
この長い時間の中で、
自己反省と共に.
自然との調和について、深く考える時にしたいと思っています☆



Hiroko Senou
iPhoneから送信
posted by ネロリ at 10:29| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/190915172
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。