2012年04月11日

桜の足跡

桜の足跡

満開の呼び声とともに
どこからともなく
なだれこんでいた旅人の姿も

軒並み並んで
掛け声に余念がなかった露天商も

台風一過の如くに
瞬く間に過ぎ去って行った

しとしとと
降り始めた雨の音が
連れ去られていく桜の涙の
滴りやまない音に聴こえて

おもわず傘もささずに…

柔らかなピンクの花びらが
黒いアスファルトにこぼれた

祭りの後は
いつもそう

なんだか空しくて
取り残されてしまう

風の中
ヒラヒラ舞う桜の舞いに
役目を終えたばかりの
安堵の吐息がもれて聴こえた

幾重にも重なり敷かれた
フワフワの花びらの絨毯

散って尚こんなに
美しく魅せてくれるなんて

キレイだねって
思わず
声を掛けたくなってしまう

あれからずっと
空を見上げて
あなたを待ち焦がれていたけれど
今はこうして
地面の足跡追いかけてる

ありがとう
素敵な時間をありがとう
花びらの数ほどの
たくさんの幸せをありがとう

また来年も
幸せの花びら
運んでください


image-20120411182318.png
posted by ネロリ at 18:24| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネロリの Cafe Poem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。