2005年09月18日

saoriさんのPoem

saoriさんのPoem
本

ヒト


森は言った
木が倒されるから人間はいらない

鳥は言った
水が汚れるから人間はいらない

太陽は言った
光りが閉ざされるから人間はいらない

犬は言った
猫は言った
ウサギやイタチも言った
どうせ捨てられるから人間なんていらない

人間は言った
戦争をするから人間なんて必要ない


この地球で
唯一全てを破壊できる人間


全てを愛せるのは
人間だけなのに



 この時期になると、9.11の事件が思い起こされます。
 ヒトにしかできない「言葉」や、思いや行い・・・沢山あるけど、そんな温かいものに触れて元気がでたり、感動することって沢山ありますよね。
 でも、一方で、自然を壊し、隣人を苦しめているのもヒトなんですよね。
 ヒトとしてどうありたいか。。。考えさせられるPoemでした。
 saoriさん、ありがとうございました。〜ネロリ〜
posted by ネロリ at 23:28| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Sea Side Story(reading poem) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。