2005年11月13日

「医者が認めるアロマの効果」

『日経ヘルス12月号』に、こ〜んな記事を見つけちゃいまいた♪

(日経ヘルスp98引用)
タイトルは
次々に解明されるアロマのパワー
「医療現場で活躍、自宅でも手軽に使える血流改善や心の不調にクスリ並みに効く」


「精油の力で免疫力がアップする ガン予防にも期待」
 京都府立医科大学大学院 今西二郎教授

 単なるマッサージ効果ではなく、精油の成分が効くことを実験で確認した。
 精油入りだと、マッサージ後にも免疫力が高まる。
 心理的な効果だけではなく、体に確実に変化が起きるということだ。
 ガン患者に対するアロママッサージの効果も期待しているが、
 例えば再発への恐怖感を和らげ、同時に免疫力も上げることで転移を予防できないか、ということも研究している。

「薬よりアロマを選ぶ患者が増加 動脈硬化治療にも成果」
 目黒みどりクリニック 青野治郎院長

 症状が軽めの患者には、アロマセラピーという選択肢を提示している。
一般の治療には健康保険が効く(費用が安い)が、アロマセラピーは全額自己負担ということをきちんと説明したうえで、どちらを選ぶかを患者に聞いているが、「薬は副作用も心配だし、アロマセラピーで薬を減らせるなら試してみたい」と判断する患者が着実に増えている。
 実際、軽いうつ症状はもちろん、不整脈や閉塞性動脈硬化症といった病気でも、アロマセラピーが成果を上げている。併設するスポーツジムのアロマセラピストと連携をとりながら、いろんな疾患を治療していきたいと思っている。

「円形脱毛症や大人のニキビにアロマが大活躍」
 セキひふ科クリニック 関太輔院長

 円形脱毛症やアトピー性皮膚炎の患者に、精油をブレンドしたマッサージオイルを使ってもらうことがある。精油成分が直接効くのと、芳香によるリラックス効果で、症状が改善するケースが多く見られる。
 最も手応えを感じているのが大人のニキビ治療。注目の精油成分はピクノジェノールだ。強い抗酸化力を持っていて、これを配合したローションは、市販のニキビ薬よりはるかに効く。


すっごいでしょう!!
アロマのすばらしさ☆医療現場でも大活躍なんです。
あなたもアロマライフ楽しみながら、ご家族を守っていきませんか?


posted by ネロリ at 03:53| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

猫の手も借りたい医療現場、こんなナースがいたらいいにゃーん
Excerpt: 子どもの頃から長い間、病院とは縁が切れないので想像を絶するような場面に何度も遭遇した事がある。さらしにドスが刺さったまま運び込まれたやくざ者や白血病で亡くなった子ども、もう限がない。止まった心臓を動か..
Weblog: プールサイドの人魚姫
Tracked: 2005-11-15 16:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。